【 ICT利活用授業研究推進校 】 
≫特色と教育目標

⇒平成29年度の取組
⇒平成28年度の取組

平成30年度「ICT利活用授業研究推進校」としてのこれまでの取組み

 平成28年度、本校は神奈川県教育委員会より 「 ICT利活用授業研究推進校 」 に指定されました。
 ICTとは
Information and Communication Technology 」 の略です。平成28年度は、機材・機器整備、校内全域へのアクセスポイントの設置、1学年に対するクラッシー株式会社提供のクラウドサービスの利用など、主にICT利活用のための環境整備を行いました。なかでも、全国に数校のみという先進的なICT教室の設置は大きな出来事でした。生徒一人ひとりが「主体的・対話的で深い学び」を実践するアクティブ・ラーニングに適したテーブル付きのカラフルな椅子、プロジェクター2基に大型の電子黒板が1セット、タブレットパソコンが全部で88台といった具合です。
 平成29年度は、こうしたICT機器の積極的な活用を目指し、「授業におけるICT利活用」「家庭学習におけるICTの利活用」「校務効率化のためのICT利活用」の3点を主題に研究を進めました。
 平成30年度は 「 ICT利活用授業研究推進校 」 の研究指定最終年度となります。これまでの取組を、より発展させながら、研究のまとめを行っていきます。以下に、平成30年度の主な取り組みを紹介します。随時、更新しますので、是非ご覧ください。


3月末 tvk「あすの地球と子どもたち 空まで飛んでけ環境問題!」において、本校のICT利活用授業の様子が放映されました

4月 デジタルサイネージシステムの運用がスタートしました

5月 第1回ICT研修(職員対象)を実施しました

7月 第2回ICT研修(職員対象)を実施しました

7月 東海大学と連携してICT防災研修を実施しました

9月 1学年を対象にケータイ安全教室を実施しました

 ≫学校目標・評価
 ≫教育課程(PDF)